So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

7月のラカンワークショップ

6月も終わりに近づいてきた。梅雨の中の雨の日曜日だが、今は雨が小休止しているようだ。

2017年7月23日(日)には、日本ラカン協会のワークショップが開催される。現時点では協会のホームページに掲載されていないが、精神病における<父>の問題を再考することにより「今日のエディプス」を考えるという企画になるとのことである。発表者は自治医科大学の大塚公一郎氏と京都大学の松本卓也氏で、司会は小林芳樹氏となっている。会場は東京の専修大学(最寄駅は神保町)で時間は14時から18時である。

とりあえず何か参考文献はというと、ラカンのセミネール3巻「精神病」とフロイトのシュレーバー症例ということになるだろう。私は2006年に豪州の大学院に博士論文を提出したのだが、その論文を書く時の基本文献の中でも中核となるものだった。審査を受けて修正した最終版を提出したのが2007年だった。思えばそれから10年経ったのだ。もう10年かと思うと感慨深い。なお、松本氏はヘルダーリンについて言及されるらしいのだが、私はヘルダーリンについては名前くらいしか知らないのでそのテーマについての参考文献は思いつかない。

なお、ワークショップについての案内は間もなく協会のホームページに掲載されると思う。会員でなくても参加できるので関心のある方はお越しください。
nice!(2) 
共通テーマ:学問

自然に

このところ暑くも寒くもなく乾燥しすぎでもなくじめじめでもなく、とおだやかなよい気候だ。しばらくすると梅雨になり梅雨が明ければ酷暑の夏なのだろうが、その前の一時の過ごしやすい季節。誠にありがたい。木々の緑は活き活きとしていて鳥のさえずりものどかに聞こえてくる。

来週末は研究会や学術団体の理事会がありスケジュールが詰まっているので、今のうちにのんびりしようと思っている。自然に目を向けると、人間も犬猫鳥と同じく生物であり、自然の一部なのである。ふだんは意識しないが、この基本的なことをまずは押さえておくことは必要なのではないだろうか。精神科の治療というと、薬だ精神療法だ心理教育だ、等々、ある方向へ向けて持って行こうとるするある意味恣意的な行為によって成り立ちがちだが、なんとなく自然にバランスを取り戻しその結果として体調や精神状態もよくなってくる、そういうイメージも大切なのではないかと思う。こういうことは理論化しにくいし、論文にもならないから、学問にはならず、書物にもならず、こうやって思いつきの如く書くくらいしか術はない。まあ、それがブログのよさかもしれない。

最近、買った雑誌、本を記しておこう。精神科治療学の最新号(Vo.32 No5 May 2017)の特集は「マインドフルネスー精神科治療への導入と展開」である。マインドフルネスは仏教の瞑想を応用したもので、このブログでも昨年取り上げた覚えがある。私は坐禅の経験があるので、マインドフルネスというものに一応の興味はあるのだが、あまりにマニュアル化しすぎているのでは、という警戒感はある。取りあえずはこの特集にざっと目を通してみたい。本の方は、「寄る辺なき自我の時代 フロイト『精神分析講義入門』を読み直す」(妙木浩之著、現代書館)である。精神分析講義入門はフロイトの考えをおおまかに把握する上でよい入門書だと思うが、このブログでもたしか数年前に紹介したことがある。今回、妙木氏の解説書が出たので、これを参照しながら、精神分析入門講義を再読するのもよいかなと思っている。精神分析の文献は膨大にあって辟易してしまう程であるが、基本を再確認して後は自分で思索した方がずっと臨床には役に立つかなと最近は思うようになってきた。

ということで、今までは本の紹介はタイトルに挙げていたが、自然という話の流れで、自然にこんなのを買いましたよと自然に紹介もしておいた。

のんびり休憩。のんびり読書。のんびり家事。のんびりその他。
しぜん。シゼン。自然。四善。
nice!(11) 
共通テーマ:健康

いま・・

5月も残すところ数日。あと1か月で今年も半分を経過したことになる。早いものだが、感慨に浸ったところで何の意味もないので、やれることを着実にやっていくしかない。

草間彌生の展覧会はもう一度見ようと思いながら終わってしまった。しかし、ざっとでも見ておいたということで後悔の念はない。ミュシャの展覧会も丁寧には見られなかったが、滅多に見ることのできない作品を一応見ることはできたという点では満足している。仮に両方ともまったく見ていなければ、行っておけばよかったと愚痴をこぼしているのかもしれない。

人間、というか生物はいつ死ぬかわからない。いつこの生が終わってもよいように、いまを充実させて生きていきたいものだ。かと言って完璧をねらってしゃかりきになりストレスまみれになるのは、逆に充実した生とはならないだろう。

私がジャズ好きなのは今までもたびたび記事に書いてきた。昨年秋くらいからたまにジャズを歌うようになった。素人がプロの演奏と一緒に歌えるヴォーカルセッションという催しがあって参加するようになったのだ。きっかけは、生の音楽を聞きながらコーヒーを飲もうかとあるジャズバーでのセッションに立ち寄った際に、店主に歌ってみませんかと誘われたことだった。何十年もジャズを聴いてきたが、人前で歌うのは初めてだった。人前はおろか、私はふだんカラオケにも行かない。まったくのぶっつけである。なんの練習もしていないのだから、ボロボロに崩れても恥ずかしいことはないと開き直ったのがよかったのか、初めてにしてはけっこううまくいってしまった。いわゆるビギナーズラックといういうやつだろう。なんだ歌えるじゃないですか、とかほめられているうちに、その気になってきて、以後、ヴォーカルセッションに出かけるようになった。先日は、知り合いのジャズ歌手のライブの枠に誘ってもらって、数曲歌うということがあった。セッションは練習のために来ているお客さんが集まる場だが、通常のライブで歌うというのはそれと違って段違いに緊張した。直接お金を稼ぐわけではないものの、お客さんの前で歌うというのはこういうものなのか、と新しい経験になった。

客席にいるという視点とステージ側の視点は違う。もちろん、実際に見える景色も違う。一応、リハにも参加すると、どんなところに気をつけて準備をするのかということも知ることができた。そして、違う視点に立つと、今まで長年続けてきた聴くことの質の向上にもなるということがわかった。今まで見えていなかったことや聴けていなかったものが聞こえるようになるということだ。

このように考えていくと、ちょいと歌うようになりました、ということだけに留まらず、ものごとを見るということはどういうことなのかと一般化することにもつながる。還暦もそんなに遠くない年になって、新しいことを始めてみるというのも悪くない。歌詞を覚えようとしたり、声を出すということは、脳の活性化にもなりそうだ。人生何が起こるかわからない。
nice!(11) 
共通テーマ:日記・雑感

こころの分析

私は長いこと精神分析に携わってきた。最初はおもしろそうだとか、勉強していけば何か役に立ちそうだとか、そういう思いがあってこの道に入った。精神分析という高尚そうな文字も魅力の一部ではあったのかもしれない。

ところが、数十年するうちに、漢字4文字並んでいる見栄えが、腕組みしてしかめっ面しているように思えてきた。勉強、研修が進み、自分の分析室を開こうと思った時には、この堅苦しい4文字をなんとかしないといけないと考えた。私は世間的には知られていないから、精神分析をベースにやると言っても、精神分析などというものは知らず、悩みがあるからどこかカウンセリングに行こうと思って訪ねてくる人もいるだろう。だが、そういう人が「精神分析」という言葉をどう思うだろうか?ここは「精神」を分析してくれるところなのか?分析ってなにやら難しそう。人によっては、精神を分析するなんて恐ろしい、なんて思ってしまう人がいるかもしれない。

そこで、いろいろ考えた挙句、決めたのが「こころの分析」という言葉である。私の知る限りは今までこの言葉を使った人はいない。英語で言ってしまえば psychoanalysis なのだが、漢字というものは一応日本語とはいえ輸入物である。ひらがなは漢字の影響があるものの日本で発明されたものだ。そういう意味では日本での精神分析ということでは、「こころの分析」という言い方の方がマシである。

そして、それ以外に、以前、神田橋條治先生のおられる病院で研修をしていて、その病院を辞する頃、神田橋先生から記念にと頂いた本の題名が「治療のこころ」であり、その思い出や神田橋先生から受け継いだものや宿題を自分なりに解こうと今まで考え工夫してきた諸々のこと、そういったものがごっちゃになって、「こころ」の中に含まれているのだろうと思う。

こころを分析する、という意味で使ったわけではないので、取り違える人がいるだろうが、まあそんなに厳密に考える必要もないだろう。言葉というのは完璧なものではないし、発信する人と受け取る人との間でのギャップがあるのは当然のことだから。今でも精神分析という言葉を使わなくてよかったなと思う。
nice!(11) 
共通テーマ:健康

ミュシャ展

週末は都内で開かれた精神分析関係の学会に参加したが、仕事と勉強ばかりの生活というのもよろしくない。時間を見つけて、国立新美術館で開催されている「ミュシャ展」を見てきた。

ミュシャの作品は今までに何度も見てはいるが、今回なんとしてでも見てみたいと思ったのは、チェコ国外では世界初公開と言われる「スラヴ叙事詩」全20作である。一つ書くだけでも大変というような大きな絵が20作も展示されているのは圧巻だった。

本当はオーディオ解説を借りてそれぞれの絵の解説を聞けば勉強になるのだろうが、あまり時間がなくざっと一渡り見ただけだったが、すさまじい迫力とミュシャの祖国と郷土に対する愛が感じられた。そして光の加減が裏からバックライトで照らされているような具合でなんとも言えない技が感じられた。光と言えばレンブラントが有名だが、レンブラントとはまた違う表現である。チェコの人たちは、祖国とミュシャに対して誇りを持っているのではないだろうか。愛は教えられるようなものではない、自然に発生するものだろう。そしてミュシャの祖国への帰国後の絵は、パリでの彼の活動から大きな影響を受けている。そのことも忘れてはならないことに違いないのだ。

なお、同展は2017年6月5日まで開催されている。
nice!(12) 
共通テーマ:日記・雑感

「欲望の弁証法」その他

今年の桜は例年より遅かったようだが、やっと咲いて今日はちらっとではあったが満開の桜を見ることができた。

日本ラカン協会の機関誌「I.R.S.ージャック・ラカン研究」第15号「特集:欲望の弁証法」が届いた。若干厚みは薄いが、内容は興味深いので読むのが楽しみだ。臨床から直接学ぶことも大事だが、書いたものから刺激を受けたり連想を発展させることもまた大事なことである。

同協会の役員になって数年になるが、運営の仕事に加わるという実務的なこと以外に、人の意見を聞いたり討論するということが、よい意味での刺激になる。いろいろと考えさせられたり、ふと見えてくるものがある。また多少脱線した雑談の時間でも、自分がキャッチしていなかった情報や気づいていなかった新刊のことを教えてもらったりということもある。以前、大学院で一時勉強した経験はあるものの、アカデミックな分野での仕事には苦手意識があり、その点ではどのくらい貢献できているのかという思いはあるが、当面は自分なりにできることをやっていきたい。

同協会の夏と秋のワークショップは今年も例年同様行われる予定である。夏のワークショップは7月の後半の日曜日に開かれることになりそうだが、現時点でははっきりした日にちは未定である。また、今まで行われてきた行事以外に、新しい試みとして平日の夜に研究会を開催することが検討されている。この研究会は同協会の会員および会員の紹介者が参加する、セミクローズドと言われる形式になるものと思われる。
nice!(11) 
共通テーマ:学問

他のエクリ

今日は年度末晦日である。こんな言葉はないが、年末と新年は世間で特別な時期として認知されているが、年度変わりというのは事務的に終わってしまう。去りゆく年度末を惜しむ人や新年度おめでとう、と言う人はみかけない。何か割り切れないものを感じるのである。とは言うものの、私の仕事は年度が変わっても大きく変わることはない。精神分析家と精神科医の仕事の比重は同じだし、それプラス保健所の嘱託医の仕事や学術団体の役員、あるいは研究会の世話人を引き続きやっていく予定である。

3月19日に東京精神分析サークル主催のコロックが行われたので参加した。毎年3月くらいに行われているのだと思うが、昨年から会場が早稲田大学となった。今年のテーマは、『他のエクリ』を読む/ ジュイッサンスのゆくえ、というものであった。

他のエクリ、というのはジャック・アラン・ミレールによって編集され2001年に出版されたラカンの著書(論文集)である。同サークルの代表である向井雅明氏が中心になり翻訳作業が進められているとのことである。なにせ難解で知られるラカンの著作なので、翻訳の修正チェック作業を向井氏以外の人々にも依頼され、邦訳出版への作業が進行中とのことだ。日本ラカン協会の理事長である原和之氏が、その翻訳チェック者になっているということもあり、今回のコロックでは原氏が指定討論者として登壇した。

発表や討論はなかなか興味深く、知識として仕入れることができたこともあれば、いろいろと私なりに連想が湧いてよい刺激になった。午後の発表はラカンの業界では知られている人々で、そういう意味では聞きなれたスタイルであった。午前は若手の2人が発表していた。1日通しで聞いた印象としては、午後の話が、ラカンはどう言っているのかという、いわば従来の言説であったのに対し、午前の発表は、ラカンが述べていることを下敷きにしながら自分の頭で考え論じようとしている、そして精神分析の本質を追求するということはどういうことなのか、という裏テーマがうっすらと垣間見られる話だったように思われる。

ラカンが日本に導入された頃は皆目見当がつかない何を言っているのだろう、それを解読していくというところから日本におけるラカン精神分析が始まった。そういう作業は積み重ねられ、今ではかなりのオリジナル文献の邦訳や解説書が刊行されて、資料が豊富になってきている。今の若手はそういう資料を参考にしながら、単にラカンがどう言っていたかということより自分なりに、精神分析を考えていこうという世代に移行してきているのかもしれない。そんなことが連想された。今、私は二つの流れについて述べてみたわけだが、どちらかに偏ることなく両面の作業が続けられることが、精神分析が生き残ることにもつながるのではないかと思う。

午後の中野正美氏の発表で、ラカンが日本の精神分析の父である小澤平作に手紙を送ったということに触れていた。その話は私もチラッと聞いたことがあるのだが、手紙の具体的な中身については公になっていない。

ラカンは来日しているし、日本語を多少習っていたという話もある。漢字や禅についての言及もある。ラカンをフランス思想の一部とみなして有り難がって輸入するのではなく、ラカンの考えたことが東洋や日本の事物に通じていることを考えることは重要なのではないか?そういう私の連想の一部を討論の際に述べてみた。それにしても、フランス語をスラスラと読めない私としては、『他のエクリ』の邦訳出版が待ち遠しい。


nice!(11) 
共通テーマ:学問

スイスより分析家来訪

それにしても時間が経つのは早い。もう間もなく4月、新年度だ、といろいろな人と話すことの多いこの頃である。

ブログの記事にするのが遅くなってしまったが、2月にはスイスから精神分析家(以下A氏と呼ぶ)が来日されて、私は計3回お会いした。研究会やセミナーの後には少人数で夕食会が催された。本筋の話も食事をしながらの歓談も大変有意義だった。A氏は以前、哲学を学んだこともあるということだが、根っからの臨床家であることがわかった。彼が言うには日本での精神分析関連者との交流で印象深かったのは、フロイト、クライン、ラカンなどを口にしてその理論を当てはめて臨床を語る人が多いということだったそうだ。確かに彼のコメントは先達の高名な分析家がこう言っているという言い方をすることはほぼないと言ってよい。理屈ではなく直観的であるが、なるほどと思わせるコメントやこちらにいろいろな連想をもたらしてくれる発言を次から次へとされるのである。タイプとしては神田橋條治先生に似ていると言ってよいだろう。私は神田橋先生の名前は出さなかったが、外国にも似たような人がいるのだと思うと嬉しくなった。ただ、以前、哲学を学んだ影響もあるのだろうか、直観的でありながらも論理性と言おうかどこか筋が通っているものを感じさせるのである。語学も英語、フランス語、ドイツ語を操り、日本語も細かいところまでは難しいようだが、日常的な言葉は十分解する。我々の中にドイツ語に堪能な人がいなかったため、ドイツ語はほとんど出なかったが、フランス語、英語、日本語が飛び交っての討論や会話となった。やはり一流の分析家との交流から受ける刺激は相当なものがあるなと満足した日々だった。

もう一つ私にとって嬉しかったのは、精神分析にとても関心がありこれから学んでいこうという意欲がありそうな大学院生の参加があったことだ。精神分析はかつてけっこう栄えた時代もあったが、今では残念ながら落ち目となった分野であることは否めない。A氏もそのことを嘆いておられて、ある研究会に出かけたら出席者は皆60代以上の人たちだったとのことだ。今後の精神分析はどうなるのだろうという問題を会場の人々になげかけていた。そのことについてどう思うかと夕食を取りながらの歓談時に私に聞かれた。私は、精神分析は残念ながらメジャーな領域とはならないだろうが、存在しなくてならないものであることは確かである。そして、精神分析の必要性あるいは重要性がわかる人はたとえ少数であっても必ずいるはずだ、と答えた。答えたというと偉そうだが、それを日本語で言って、フランス語の達人に通訳してもらった。A氏、そしてセミナーや研究会をオーガナイズされた方々、参加者の皆さんに感謝したい。


nice!(11) 
共通テーマ:健康

「草間彌生 わが永遠の魂」を鑑賞

国立新美術館で開催されている「草間彌生 わが永遠の魂」を鑑賞した。草間彌生の作品を初めて見たのは、以前パリに滞在している時にポンピドゥセンターでの展覧会であった。その際に見た作品もいくつか展示されていて懐かしい記憶が甦った。今回の国立新美術館では、絵画やオブジェ、鏡と光を使った芸術空間などが展示されている。多くの人が鑑賞していてざっと見ただけだったので、もう一度行く機会を見つけたいと思っている。なお、会期は2017年5月22日までとなっている。

パリで草間さんの作品を見て関心が出てきたので、数年前にNHK の衛星放送で草間さんについての番組をやるということで、家では衛星放送が見られないため、わざわざホテルに泊まってその番組を見たことがある。草間さんは、若い頃から幻覚に悩まされそれらの症状に対抗する意味もあって芸術活動に取り組んでいたらしい。ニューヨークに行って活動したりもしたが、現在(テレビ番組の当時)では精神科病院に住みながら病院の外にあるアトリエに通って作品を創っているということだった。番組ではユーミンとの対話もあったりしてなかなか興味深かった。

今回の展覧会では、作品の展示とともに日本語と英語での解説文が掲示されていたが、その中で気になったことがある。英文では精神科病院 (psychiatric hospital) という記載があるのだが、日本語では「精神科」が省かれ単に入院と書かれている。草間さんの精神疾患はテレビでも放映されていたように隠されていることではなく公になっていることである。それにも拘わらず、精神科の部分が省かれている。掲示にあたって、精神症状や疾患のことに触れるのは大芸術家に対して失礼だという一種の偏見があったのではないか、と気になるのである。精神症状や精神疾患は特別なものではない。日常生活ができる場合は軽度な症状があっても医療機関にかからずにそのままにしている人も多いだろう。また、入院経験があることイコール重篤である、というわけではない。草間さんの精神科病院入院について記載してなんの不都合があるのだろうか。ましてや、英語では明記しておきながら日本語では省く、というところはなんとも素晴らしい日本的配慮と言えなくはない。

世間での報道では、なにか事件を起こした際に精神疾患であるとか入院経験があるということが、ある意味、大袈裟に報道される。それは世間の精神疾患に対する印象を悪い方に導くことになることは否定はできない。そういう風潮とバランスを取る上で、精神症状があるという経験を通して逆に人生を考えることになったり、よりよく生きることにつながる、ということもあり得るということを世の人々に知ってもらうことも大事なことではないかと思う。草間さんは特別な例というわけではない。アイルランドの小説家ジェームズ・ジョイスが書くという作業を続けることによって精神病の発症を防いでいたという話はラカン派精神分析を知る人の間ではよく知られている。理論的にはその人が崩れてしまうのを防ぐ安定化させるものをサントームと呼ぶのだが、草間さんにとっての芸術活動はやはりサントームなのである。何がサントームになるかは人によって違う。自分にとってのサントームを見つけることがよりよく生きることにつながるのである。
nice!(13) 
共通テーマ:日記・雑感

しゃかりき

しゃかりき、という言葉があり私もたまに何気なく使う。夢中になって取り組むことを意味すると思われるが、どこからこの言葉が来たのだろう?取りあえず調べてみた範囲では、お釈迦さまの力、が語源だと述べている資料があった。

だとすれば、いい意味なのだろうが、私の個人的語感では、一生懸命になりすぎて時には勢い余って勇み足加減になりそうな意味合いを感じてしまう。言葉というのはやっかいなもので、時代や場所によって意味にずれが生じるし、個人的な語感もまた個人差があり,その言葉を発した人の意味しようとしたものと受取人の取り方の間になんらかのズレは生じる。

こういうことを前提にすると、何も言えなくなるので、ここでは私の個人的語感に基づいて、「しゃかりき」から連想を続けてみよう。数年前に近所のコンビニが閉店となった。一番近いコンビニだったので、何か急に買いたいものがある時は便利だった。また、今では自宅のプリンターで一応コピーは取れるのだが、当時はコピーをちょいとしたいという時も便利な存在だった。昼間しか行かなかったが、そこそこのお客さんは見かけた。近くにはコンビニ、すなわち競争相手はいないし、閉店になることは考えてもいなかった。私の知る限りでは、たとえば今年一杯で閉店になります等の張り紙もなかった。ところが、ある時、店に出かけると閉まっていてどうしたのだろうとビックリした。コンビニが休みというのは通常はあり得ない。どうも閉店になったみたいだ。その後、2,3回、見に行ったがやはり閉まったままで開く気配はない。

頻繁に行っていたわけではないが、頼りにしていたコンビニが突然閉店になったのだ。別の方角にスーパーはあるが、品揃えが違うのでやはりコンビニがないというのは困るのである。いくら嘆いたところでその店が復活することはないので、どうして店を閉じることになったのか想像を巡らせてみた。

店主の事情によるもの、たとえば高齢化や病気でできなくなったとか、商売替えをしたとか?赤字により商売が立ち行かなくなったのか?統括本部となんらかのトラブルがあるなどして閉めざるを得なくなったのか?その他、いろいろ。

なんの情報もないので、本当のところはわからない。ただ、思いついたこととして、立地から考えて昼間はともかく夜中も店を開けるのは大変そうなことはすぐ想像がつく。夜間ほとんど客が来ないのに、店を開けていれば人件費や電気代はかかり、経営を圧迫しそうだ。夜間に働く人を確保するのも大変だろう。もしも、夜の営業を止めたら経営者としての負担はかなり軽くなりそうだ。

さて、そう考えると、もしそうなら夜の営業をやめればすむじゃないか、ということになる。だが、コンビニを見渡すと、24時間営業、年中無休が当たり前で、正月や盆は休みだとか、23時から6時までは休みだという店舗は見たことがない。確かにいつ行ってもやってくれるのは有り難いことではある。だが、全国通津浦々同じやり方を押し通す必要があるのだろうか、と疑問になる。

コンビニさん、そんなにしゃかりきにならなくてもいいんじゃないの?しゃかりきになって結局、店が立ち行かなくなるより、たとえば8時から21時くらいまでの営業であっても私の近所のコンビニには存在してほしかった。

コンビニは一例であって、連想を拡げれば類似のことはいろいろあるだろう。一生懸命やること、頑張るということはもちろんそれはそれで価値のあることなのだろうが、ものには限度がある。100やらずに、70にペースを抑えれば続くところを、100にこだわるあまり 0になってしまうというのは、あまりに悲しい。
nice!(9) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -